クレジットカードをスマートに使う

クレジットカードを作ったはいいけれども、初めて使うような人はなかなかスマートにはいかないかもしれません。

スマートに使うためには、まずはクレジットカードを会計時にさっと取り出せるようにすることが大事です。


どこに入れたか分からないようでは現金で支払うのと大して変わりません。予めどこに入れているのか確認しておきましょう。

次に、暗証番号をしっかりと覚えておくことです。



クレジットカードを使う際にはサインをする場合もありますが、暗証番号を使うこともあります。この際に暗証番号が設定したものと違っていると利用することができません。

何度かやれば当たるだろうなどという考えは禁物で、一定回数連続して暗証番号入力を間違えるとカード利用がロックされてしまうことになります。

予め暗証番号をしっかりと確認しておく必要があります。
限度額の確認も大事です。


カードは限度額が決められていて、それ以上は使うことができません。

意外とうっかりしがちというか、あまり気にしていることの少ないのがこの限度額です。
自分の限度額がどれくらいなのかはカードが送られてきたときの案内に記載されているはずですので、まずはそれを確認しておきましょう。


自分がいくら使ったのか、銀行からまだ引き落とされていない利用分はどれくらいあるのかを把握しておく必要があります。



もし、限度額を超えて使いたいときは予めカード会社に連絡をして限度額を引き上げておいてもらう必要があります。