クレジットカードを全く使わない人

世の中には確かにクレジットカードを毛嫌いしている人がいます。


クレジットカードも一種の借金であるには違いないと考え、とにかくお金を借りてまで使うことにある種の嫌悪感を覚えているような人もいます。

あるいは、そこまで行かなくても万が一紛失して悪用されたときのリスクが恐いとか、別にそこまで借金を毛嫌いしているわけではないものの、例えば日々のお金の管理がしづらくなるからとか、あるいは自分が不用意にたくさんの買い物をしてしまって支払えなくなることがあるかもしれないと思ってクレジットカードを持たない人もいます。


別にそういう人はそれでも全く構いません。



カードを一切持たずに生活していくというのは確かに一つの立派な考え方ではあります。

しかし、そういう人に一つだけ覚えておいて欲しいことがあります。



それは、カードを一切持たず、広い意味での借金を一切しないというのは、どんな場合においても100%完全に良いことだと思ってもらえるとは限らないということです。
確かに借金のしすぎ、カードの使いすぎは良くありませんが、お金を貸してもらえる、カードを作れるというのはその人に信用があるからという側面もあることは否定できない事実なのです。

逆に一切そういうことをしないというのは、その人のポリシーや経済面を知らない第三者にとってみれば、もしかしたらこの人はまったくカードも作れないくらいに信用がない人なのではないかと思われる可能性もあるということを頭の片隅くらいには置いておきましょう。