クレジットカードは若いうちに作る方が良い

クレジットカードをあまり若い内から作ってカードを使うのに慣れてしまうと無駄遣いをしてしまう可能性もあるのでリスクもありますが、お金の管理がきちんとできて将来的にはクレジットカードを作るつもりであればクレジットカードを作れるようになったらできるだけ早い内に作るようにしておくのが良いです。

まず、若いうちに作った方が審査を通りやすいという事が挙げられます。



若い内だとまだまだクレジットカードを使い慣れてもいないのが普通であり、クレジットカードヒストリーが無いのが当たり前であり、両親もまだ健在であることも多いので、何かあっても親が何とかしている可能性が高い、などと言った理由があるから審査の際に有利になります。



また、若いうちの方が若者専用のカードを作れるので一般カードよりもポイントが高くつくといった恩恵を得る事が出来ます。



その他にも理由としては30歳を過ぎてもカードを持っていないと、ヒストリーが真っ白なスーパーホワイトと呼ばれて却って審査の際に不利になる場合があります。
審査が必要であるカードは持っているだけで信頼性を証明する事にもなるので、中にはカードが無いと支払いが出来ないケースもありますが、ある程度の年齢でも全く履歴が無いというのは問題があるのではないかと疑われてしまうのです。

ヒストリーがあって問題なく支払いができているという事はローンを組む際にも有利になるという事も、若い内からカードを作っておいた方が良い理由として挙げられます。