海外でクレジットカードを使うメリットと持参枚数

海外ではクレジットカード払いにする方がおすすめで、節約にもつながり防犯対策にもつながります。
お金を持ち歩いているとスリや強盗などに狙われやすいため海外で現金を大量に持つことはほとんどありません。

海外でクレジットカードを使うと為替交換手数料の節約をすることができます。

ほとんどのカード会社では手数料は掛かりますが、日本円を現地貨幣に交換する方が手数料が高く、日本国内の主要空港で日本円を外貨に両替をしても手数料が高いです。


特にマイナー通貨への交換手数料は高いです。

そこでクレジットカードを利用すると、どの国で利用しても手数料が低く抑えることができるので無駄な手数料を抑えることができます。



海外の現地通貨に交換をしてお金を使った場合にはいくら使ったかをレシート保管することになりますが、クレジットカードを利用すると利用明細書上に日本円に換算した結果の請求金額が明記されるため、免税店でいくら買い物をしたか明確にすることができます。



家計の管理だけでなく、海外出張時に利用しても経費として後日会社に申請するときにもいくら立替払いをしたか把握しやすいです。

海外にクレジットカードを持っていくときには2枚以上持って行ったほうがおすすめです。
1枚だけで使えなくなってしまった場合にはもう1枚でカバーすることができます。



利用できなくなる状況は利用限度額に到達してしまった場合やカードを紛失してしまった場合、財布が盗難にあった場合、磁気異常で使えなくなってしまった場合、カードの有効期限に到達してしまった場合などです。