クレジットカードの解約の注意点について

クレジットカードを解約する場合、気を付けなければいけないことがあります。

解約自体は簡単に終わりますが、事前に知っておくことも大切です。まず、クレジットカードを解約する際には、解約時に残っている残債の返済を求められるのが普通です。


リボ払い、分割払い、ボーナス払い、キャッシングなどの残債がある場合には、そういったものの返済をしておくことがお勧めです。

もしくは、手元に充分なお金を用意しておくことが必要です。
クレジットカードに加入し、半年以内に解約するということは、出来る限り避けた方が良いです。



カード会社からの心象を悪化させてしまう可能性があるためです。入会特典やポイントが目当てで発行し、特典をもらったりしてからすぐに解約してしまったりすると、今後、そのカード会社が発行しているカードを作れなくなってしまう可能性があります。

カードを発行してからは、即解約さえしなければ使わずに保管しているだけでも構いません。
半年は利用保有しておくことが大切です。

解約時には、溜まったポイントも無価値になってしまうため、溜まったポイントをすべて使ってしまうことがお勧めです。しかし、解約と同時にポイント交換の申請も無効になる場合もあるため、ポイント交換をした商品が届いてから解約するようにすると安心です。


家族カードやETCカードが使えなくなってしまうため、この点についてもしっかりと確認しておき、また、クレジットカードに連動しているタイプの電子マネーなども使えなくなるので、それも注意しておきます。



公共料金などの引き落としも、解約するカードで行っていた場合には、あらかじめ違うカードに変更しておくことも大切です。



クレジットカードの解約をする際には、これらの注意を踏まえたうえで、安全に損をしないように解約することが大切です。