クレジットカードの審査の流れ

クレジットカードの審査の流れは、まず、入会申込書の形式のチェックを行います。最近の審査は、システムによって自動化されているため、必要な入力必須項目がすべて埋められているかというチェックが行われます。



インターネットで申し込む際には、申し込み時点で、必須チェックがかかるようになっているため、インターネットで申し込む際には、入力漏れというのはありません。申し込み情報が審査システムで処理された後、過去の自社での借り入れ事故などを起こしていないかのチェックを行うとともに、信用情報センターへの照会が行われます。



申し込みから審査結果までの時間は、自動化されることによって大幅に短縮されてきております。


審査システムでは判断できない申し込みがあった場合には、審査員による審査も行われます。

クレジットカードの審査を行う際には、まず、継続的で安定的な収入があるかということが審査されます。職業や勤務先、雇用形態や勤続年数、収入や借入額などの項目によって十分な資力があるかということをチェックします。

次に、遅延情報などがないかを確認します。信用情報機関という機関で、過去5年の支払の遅延情報などが管理されておりそれによって、返済日に延滞なく返済できるかという性格を調べることになります。


最後に、居住形態や居住年数によって、担保となりうる資産を確認します。



不動産などは、返済時担保として考えられるため、クレジットカードの審査には有利に働くことになります。