クレジットカードの補償機能

クレジットカードをオンラインショッピングに利用する際に、カード番号や住所氏名、電話番号などの個人情報が漏洩してしまい、悪用されてしまうのではないかと不安を抱いている人がいます。

しかし、ほとんどのクレジットカードには、万が一不正利用された場合に生じた損害を全額補償してくれるプロテクション機能が付いています。

そのため、安心してオンラインショッピングを楽しめるようになっています。



この機能は、カードの発行会社によってさまざまな名称で呼ばれていますが、その内容はほとんど同じです。
インターネットで買物をした覚えが全くないのに、ある日突然クレジットカードの請求書が届いたとしても、カード会社に連絡すれば銀行口座から引き落とされる心配はありません。

銀行口座から引き落とされた後に、不正な請求書がきていたことに気付いたとしても、所定の期間内に連絡すればお金が返還されるようになっています。
ただし、この補償制度はクレジットカードが不正利用されたことが前提となっていますので、怪しいショッピングサイトでカード番号を入力しないなどの自己防衛はしっかりと行っておく必要があります。



これに加えて、クレジットカードで購入した商品が盗まれてしまったり、壊れてしまった場合に購入代金や修理費用を補償してくれるサービスも提供されています。



損害保険にも同様のサービスがありますが、保険は月々の保険料を支払わなくてはなりません。


ところが、こちらは無料で補償が受けられるのがメリットです。